お電話でのお問合せはこちら
TEL:03-3443-4011

かんとこうブログ

2022.02.02

回復途中?自動車生産2021年12月

 

1月28日に自動車各社から一斉に2021年12月の自動車生産台数の発表がありましたので、例月通りご紹介します。また2021年1-12月の通算生産台数も発表されていますのであわせてご紹介します。

生産台数の推移のグラフを示します。トヨタ、日産、ホンダの3社からです。

青い点線の横棒は2019年の月平均生産台数、赤い点線の横棒は2020年の月平均生産台数です。これらを基準に2021年12月の生産台数をみていくと、2019年および2020年の月平均を上回ったのがトヨタの世界のみで、2020年月平均を上回り2019年の月平均を下回ったのがトヨタ国内とホンダの国内、なんとか2020年平均なみというのが日産世界とホンダ世界、両年の月平均を下回ったのが日産国内となります。

次にスバル、マツダ、三菱の3社です。

2019年および2020年の月平均を上回った会社はなく、2020年月平均を上回り2019年の月平均を下回ったのがマツダ国内と世界および三菱の世界、両年の月平均を下回ったのがスバル国内と世界、三菱国内でした。最後にダイハツ、スズキの2社です。

2019年および2020年の月平均を上回ったのはダイハツの国内とスズキの国内、2020年月平均を上回り2019年の月平均なみがスズキの世界、2020年月平均を上回り、2019年の月平均を下回ったのがダイハツの世界でした。

各社の12月の生産台数の前年比および前々年比を示します。

国内生産で前年同期比が100%を超えたのは、トヨタ、ホンダ、ダイハツの3社でした。世界生産では、トヨタ、三菱、ダイハツの3社が前年同期比100%を超えました。一方前々年同期比で言えば国内生産で100%を超えたのがトヨタ、ホンダ、マツダ、ダイハツ、スズキであり、世界生産ではトヨタ、ホンダ、ダイハツ、スズキでした。

一方、2021年1-12月の生産台数についても12月度と同様にご紹介します。

前年比で100を超えたのが国内では三菱のみでした。世界ではトヨタ、三菱、ダイハツ、スズキが前年比100%を超えました。ただし、前々年比でみると様相は変わり、いずれの会社も100%を超えることができませんでした。前年比では好調そうに見える三菱も前々年比では国内、世界とも70%台に沈んでいます。

半導体を中心とした部品不足は深刻であり、トヨタも2月の減産を決めたとの報道もありました。本格的な回復までの道のりはまだ遠いようです。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

To top