お電話でのお問合せはこちら
TEL:03-3443-4011

かんとこうブログ

2022.08.09

Coatings World誌の2022年世界ランキング その2

 

今日は昨日に引き続き、Coatings World誌のランキングについてのご紹介を続けます。

ランキング全体に関する動向について説明していきます。

左がランキング入りした会社数の推移、右がTOP30に占める各階層(1-3位、4-10位、11-20位、21-30位)の割合の推移です。

今回はランキングした会社が6社減りましたが、この10年余りをみても、ランキング入りの会社数は減少傾向です。全世界トータルの売り上げは伸びているのに、ランキングする会社が減少するという不思議な傾向が続いています。

一方、TOP30社の売上合計に対し、1-3位、4-10位、11-20位、21-30位の会社の売上合計がどれほどの比率になるかということですが、1-3位の合計が1-30位までの合計の40%強を、また1-3位と4-10位の合計(すなわち1-10位の合計)が約80%を占めます。この割合は、この10年余りの間でさほど変化していません。

1-10位の会社の売上合計についてさらに言えば、1-10位の合計は、ランキング入りした75社全部の合計の約89%にあたります。さらにこの75社の合計は世界の全需要の6割程度と推定できます。つまり1-10位の合計は、塗料の全世界の需要の約53%にあたることになります。恐ろしいほど寡占化が進んでいるということになります。そしてこの傾向はさらに進むであろうと考えています。

似たようなグラフですが、左が1-3位、1-10位、1-20位、1-30位の売上合計推移、右が1-3位、4-10位、11-20位、21-30位の売上合計推移です。左のグラフではすべての線が増加傾向を示しているように見えますが、右のグラフになると1-3位、4-10位の増加に比べて、11-20位、21-30位の増加はさほどでもないように思えます。これをもっとわかりやすくするために、バラバラにしてグラフ化します。

上の二つのグラフでは多少の停滞こそあれ減少はありませんが、下の二つのグラフでは年により減少することが一度ならず見られます。年平均増加率の計算値も下段は上段よりも低い数値になっています。

さらに1位、10位、20位、30位の会社の売上推移を示します。

1位の会社、10位の会社の売上はまあまあ順調に伸びていますが、20位の会社の年平均増加率はマイナスになってしまいました。また30位の会社の2021年は前の年に比べて大幅減少しました。前の年の18位、21位、25位の会社がランキングから消えた影響です。このように買収の影響によって20位、30位の会社の売上は時として減少することが今年に限らず起きています。

このように、、買収が頻繁に行われていることの影響は、ここ10年余りを見ても全体の塗料需要の伸びに反してランキング入りする会社数が減少するなどさまざまな指標に現れています。概算ではありますが、1-10位の会社の売上合計が、全世界の5割を超えているかもしれないということもわかりました。

世界のTOP企業にとって、戦略的な買収は経営における最重要事項のひとつになっています。新興国の需要がまだまだ伸びていくこと、SDGsなどにより環境圧力がさらに強まること等々を勘案すれば、寡占化傾向はますます強まるものと思われます。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

To top