お電話でのお問合せはこちら
TEL:03-3443-4011

かんとこうブログ

2022.12.27

日本一早い初日の出 2023年版

毎年のように日本一早い初日の出を記事にしていますが、今年も2023年版を載せることにしました。内容は主に日本気象協会からの引用(下記リンク先)です。まずは、初日の出時刻の入った地図からです。

2023 初日の出スポットの時刻表 - 日本気象協会 tenki.jp

日の出時刻が同じ線を見ていくと北海道よりも関東地方の方が早いのがわかりますが、何と言っても小笠原はじめ島嶼部がダントツに早そうです。以下さまざまな最も早い/遅い初日の出時刻と場所です。

人間が住んでいる場所では小笠原の父島、島嶼部を除けば鴨川の清澄山、平地なら犬吠埼、東京23区ならスカイツリー展望回廊が最も早く初日の出が見れる場所になります。

ところで冒頭の地図に引かれている日の出時刻同じ地点を結んだ線ですが、これが夏と冬とで随分傾きが違っています。

この図は今年の6月29日(日の入りが1年で最も遅い日)の日の出時間について、同じ時刻の地点を結ぶ線日本地図にを書き入れたものですが、冒頭の同じ日の出時刻の地点を結んだ線とは傾きが全く異なっています。これは地軸が23.4度傾いているために起きる現象で、冬至に近い元旦と夏至に近い6月29日では、線の傾きがおおよそ地軸の傾きの2倍ほど変化しています。夏の場合には北海道の納沙布岬が最も日の出が早い地点になりますが、冬の場合には様相が異なります。しかし夏も冬も最も日の出が遅い地点は與邦国島であることはかわりません。これはいかに與邦国島が突出して西方に位置していることを示しています。

関東地方であれば平地での初日の出の時刻は7時少し前ですので、ちょっと早起きすれば十分見れるはずです。晴天を祈りましょう。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

To top